忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
[] [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/09/24(Sun)06:36:05




様々なデザインのTシャツが毎日登場する、graniph[グラニフ]。僕も時々買ってるよ。さて、graniphが、Wim Crouwel[ヴィム・クラウェル]とコラボレートしたTシャツが、今秋発売されるそう。

最新情報(graniph)
※8月28日をチェック
http://www.graniph.com/news/

ヴィム・クラウェルはオランダのデザイナー/フォントデザイナーで、いわゆる「レトロフューチャー」的なデザインで、現在もファンが多い。今回は代表的なグラフィックから5種類がTシャツ化されるんだそうだ。おそらくオフィシャルサイトに出ているのがそうなんだろうね(Tシャツ自体のデザインはまだ出ていない)。graniphのTシャツはとても安いので(5種類全部買っても10,500円)、まとめ買いしそうな予感・・・。

で、実は、すでに「オランダ」Tシャツだけは世に存在している。神戸の雑貨店「NOTAM」の方が、このフォントにほれ込んで本人に許可を取ってTシャツにしたそうだ。

オランダ Tシャツ(NOTAM)
http://www.notam-kobe.com/Oranda.htm

ちなみにこの「オランダ」は、1970年の大阪万博オランダ館のためにデザインされたタイポグラフィーだそう。

このNOTAMには、これ以外にもエアライングッズやスウェーデン鉄道グッズなどいろいろあるので、見てるだけでも楽しいよ。

NOTAM
http://www.notam-kobe.com/
PR

2007/08/29(Wed)00:57:22


某所よりのサルベージ企画。「10年経った曲は全部懐メロ説」を提唱してはや数年。定着したかどうか分からないけど、下記のリストを見てもらえれば、とにかく打ちのめされることは間違いなし。

<10年経ったから「懐メロ」入りリスト (1997年・J-POP編)>

1/15 globe「FACE」10周年
1/22 山崎まさよし「One more time, One more chance」10周年
1/29 織田裕二 with マキシ・プリースト「Love Somebody」10周年
1/29 坂本龍一 featuring Sister M「The Other Side of Love」10周年
1/29 スピッツ「スカーレット」10周年
2/5 Mr.Children「Everything (It's you)」10周年
2/19 安室奈美恵「CAN YOU CELEBRATE?」10周年
2/21 河村隆一「I love you」10周年
2/26 SMAP「ダイナマイト」10周年
3/21 電気グルーヴ「Shangri-La」10周年
3/21 川本真琴「1/2」10周年
3/21 松たか子「明日、春が来たら」10周年
4/9 MAX「Give me a Shake」10周年
4/15 広末涼子「MajiでKoiする5秒前」10周年
4/16 Puffy「渚にまつわるエトセトラ」10周年
4/19 THE YELLOW MONKEY「LOVE LOVE SHOW」10周年
4/23 CHARA「やさしい気持ち」10周年
4/23 華原朋美「Hate tell a lie」10周年
5/16 Le Couple「ひだまりの詩」10周年
5/28 Moon Child「ESCAPE」10周年
6/25 米良美一「もののけ姫」10周年
6/28 松本梨香「めざせポケモンマスター」10周年
7/9 V6「WAになっておどろう」10周年
7/21 KinKi Kids「硝子の少年」10周年
7/30 反町隆史 with Richie Sambora「Forever」10周年
8/6 Every Little Thing「出逢った頃のように」10周年
8/6 GLAY「HOWEVER」10周年
8/20 ZARD「永遠」10周年
8/27 SHAZNA「Melty Love」10周年
9/25 エキセントリック少年ボウイオールスターズ「エキセントリック少年ボウイのテーマ」10周年
10/8 SHAZNA「すみれ September Love」10周年
10/15 SPEED「White Love」10周年
10/22 T.M.Revolution「WHITE BREATH」10周年
10/27 L'Arc~en~Ciel「虹」10周年
11/12 KinKi Kids「愛されるより愛したい」10周年
11/12 大滝詠一「幸せな結末」10周年
11/27 SIAM SHADE「1/3の純情な感情」10周年
11/27 スピッツ「運命の人」10周年
12/3 ブラックビスケッツ「スタミナ」10周年

2007/08/28(Tue)00:57:29


先日、タワーレコードのポイントカードのシステムが変更された。その記事を書いたときに軽く触れたが、同時に「6,000円以上購入でWポイントサービス」が終了してしまったのだ。25,000円購入で3,000円分戻ってくるという、大変ありがたいシステムだったんだけどね。

タワレコの新ポイントサービスについては以前書いた記事をどうぞ。

タワーレコードのポイントカード、還元率ダウン(クルースン)
http://crt.blog.shinobi.jp/Entry/10/

さて、無くなってしまったWポイントの代わりとして「タワーレコード +200ポイントサービス」が、17店舗限定で9月1日(土)よりスタート。

¥6,000以上のお買い上げで+200ポイントサービス(タワーレコード)
http://sale.towerrecords.jp/200pt/index.html

新しいポイントサービス上で、6,000円(税込)購入ごとに、ボーナスポイントが200ポイント(以下、pt)が付く。これはいつもの「1,000pt貯まるごとに、レギュラーボーナスポイント200ptが付く」のと同時に付くそうだ。

ただしポイントが付くのにはいくつか条件がある。以前の「6,000円以上購入でWポイント」のときと同じく、このポイントが付く対象店舗が限られているので注意。新宿店、渋谷店などの大きな店舗なら対象になっているね。そして、「同日、同一店舗での購入のみが対象」というのも変わらず。

さて、気になるのは、「旧ポイントサービスに比べてどのくらい還元率が下がったのか」ということだよね!今回は図とか使わずに計算しようと思う。

まず旧ポイントサービスでは、前述のように

25,000円(税込)購入→
[旧]100pt
3,000円分還元

だった。これが、新ポイントサービスで同額の25,000円を購入すると

25,000円(税込)購入→
[新]1000pt+[6,000円以上購入ボーナス×4回]800pt+[1,000pt貯まったのでレギュラーボーナスが付く]200pt(=計2,000pt)→
2,000円分還元

となる。ここで注意すべきなのは「6,000円以上購入ボーナス」のほうで発生したポイントが、レギュラーボーナス(1,000pt貯まると200pt付く)の計算に入る、ということ。これ、すごくややこしいよね・・・。

結局25,000円(税込)購入した際の還元額が、旧ポイントサービスに比べると1,000円減。割合にすると3分の2になったということだね。還元額が減ったのはもちろん、ポイント計算が直感的に分かりにくくなった(つまりは「お得感」が見えづらくなった)のは、かなりの痛手だと思うよ。

2007/08/26(Sun)23:53:54




長らく「theta[シータ]」というタイトルのみが発表されていた謎のゲーム、ニンテンドーDS「シータ」のオフィシャルサイトがオープン。

ニンテンドーDS「シータ」オフィシャルサイト
http://www.nintendo.co.jp/ds/axij/index.html

アクアリウム(水槽)で魚を飼う要素と、パズルゲームが合体したゲームらしい。パズルゲームのほうは上記ページ内で遊ぶことができる。パズルを解くと、魚や植物が増えるなど、水槽の環境が良くなっていくらしい。ゲームの性質上、パズルの難易度はそんなには高くならないんじゃないかな?ただ、ゲームの内容がかなり忙しそうなのが気になるところ。

アクアリウムをじっくり鑑賞できるモードがあるといいね。パッケージを見る限りでは「ゆったりと魚を眺める」って書いてあるので、そのあたりはクリアされてるっぽい。


2007/08/25(Sat)08:09:46


チロルのチョコ箱買いといえば、冬季限定発売の「きなこもち」。しかし最近はそれ以外のチョコでも箱でガンガン売っているので、思わず買ってしまうのだった・・・。

そしてこの夏の新作は「杏仁豆腐チョコ」。昨年のものより味がリニューアル!黄桃ゼリーが中に入っているそう。

チロルチョコ 新作情報(松尾製菓)
http://www.tirol-choco.com/info.html

食べてみると、黄桃の薄い酸味が杏仁豆腐の味を引き締めていて、確かに良いバランス。夏向けのさっぱり味のチョコだね。

さて、このチョコのパッケージには、マージャン牌をかわいらしくデザインした模様が描かれている。昨年は8種類しかなかったそうだけど、今年は全34種類にグレードアップ!

なぜ34種類なのかというと、萬子(マンズ/漢数字)・筒子(ピンズ/丸)・索子(ソーズ/竹)がそれぞれ1~9まで存在して、合計で27枚。さらに字牌が「東西南北白發中」の7種類で、これらを合わせて34枚。実際に普通の麻雀で使われる牌は、すべてそろっていることになる。素晴らしい・・・!「白」のデザインは本当に真っ白。これ単体だと、なかなか不可思議なデザインに見えるね。

もちろん、このチョコで本当に麻雀をしようとすると、各牌を4個ずつ、計136個もそろえなければいけないんで、ちょっと大変かも?

2007/08/24(Fri)01:49:43


子供から大人まで、そして日本だけでなく世界で楽しまれている折り紙。複雑で精緻なものは、もはや芸術の域にまで達するほど。そういった野はさすがに作るのは難しいけど、見るだけでも楽しいよね。

さて、折り紙作家神谷哲史さんのサイトにて、「エインシェントドラゴン掲示板」が設置されている。

エインシェントドラゴン掲示板(ある折紙創作家の頁)
http://www.folders.jp/cgi-bin/jn/joyful.cgi

このエインシェントドラゴンは、もともと神谷さんが製作されたもの。このドラゴンに魅せられた人々が全国から集い、それぞれのエインシェントドラゴンを投稿している。色、素材、紙の大きさの違いはもちろん、折る人によってかなり出来上がりの表情が異なるのが面白い。手のひらサイズの竜、ちょっとだけ折ってみたくなったけど、猛者でもやはり1回では折れず何度も挑戦するらしい。うーん。

ある折紙創作家の頁
http://www.folders.jp/

2007/08/22(Wed)01:42:14


えっとー、しばらくお盆休みをいただいていた・・・ってことにしとこうぜ!今日から更新再開しまーす。

さて、学研の「大人の科学マガジン」の付録は毎号魅力的だよね。万華鏡、ピンホールカメラ、映写機、蓄音機・・・。どこか懐かしくて子供にさわらせるにはもったいない、完成度の高い付録。毎号本当に見事だと思う。

さて、9月下旬発売予定の次号は、「テルミン」だそう!

大人の科学マガジン Vol.17(学研)
http://otonanokagaku.net/magazine/vol17/index.html

テルミンというのは、この間紹介した、両手で音程を取る電気楽器。普通に購入すると数万するものが、この付録なら2,300円(税込)でゲットできる!しかもこのテルミンの色と造形が、とてもかわいらしくて良いよね。

ただ、テルミンは手の微妙な位置によってすぐ音程が変わってしまうので、あまり小さいと音程を出しにくいかも?どのくらいの大きさになるのかが気になるところ。



↑まだ買おうかどうしようか迷っている、プラネタリウム

2007/08/21(Tue)01:13:06





フレンチボッサの男女ユニット、La bossaがめでたくメジャーデビュー!8月22日(水)に、1stアルバム「samba saravah」が発売。

la bossa「samba saravah」紹介ページ(ドリーミュージック)
http://www.dreamusic.co.jp/release/others/index.php?did=MUCD-1170

la bossaがインディーズ時代に出した「September」というミニアルバムを持っていて、これが素晴らしかった。清涼感と軽やかさを併せ持つヴォーカルと、素朴ながら心弾ませるサウンド。アースウィンド&ファイヤーの「September」や、ダフトパンクの「One More Time」のボサノバアレンジに加え、オリジナル曲の「La Mer En Septembre」が収録されていた。

このCDを手に入れた当時、もっと情報が欲しくてオフィシャルサイトを探すも、まったく見つからず。もちろん、他にCDが発売されているかどうかすら分からない・・・という状態だったので(なにせ「la bossa」という名前が検索しづらい)、このアルバム発売はうれしいなぁ。



2007/08/11(Sat)00:46:20


オンライン書店のbk1にて、「フィルムコートサービス」が期間限定で半額なんだそう。

フィルムコートサービス半額キャンペーン(bk1)
http://www.bk1.jp/docs/help/He_m08?s=mm080311&partnerid=02vc01

この「フィルムコートサービス」とは、本に透明ビニール製の粘着シートを貼ってくれるサービスのこと。よく図書館の本にビニールが貼られてるけど、それと同じものらしい。フィルムコートすることで、本の外側に汚れが付きにくくなったり、紙が補強されるので長持ちしたりするよね。子供用の絵本などに最適だな!もちろん、読んだあとに古本屋に売るのは難しくなるはず。

昔、高校生の頃に学校の図書館で、図書委員が本に粘着シートを貼り付けていく様子を観察していたことがる。もちろん手慣れたもので手早く、そしてきれいに貼っていたんだけど、不器用な僕には無理だなぁ・・・と当時は思ったものだ。シートを貼るときに空気入りそうだもんね。

しかも8月1日(水)~31日(金)の間は、フィルムコート1冊の値段が、通常120円のところ半額の60円に!このバイトする人は1時間に何冊の本をコートして、そしていくらの時給をもらうのかが気になる・・・!

2007/08/08(Wed)01:06:05


えっと、「アキシブ系」というジャンルがあるそうで、「秋葉系」と「渋谷系」が合体した言葉なんだそうだ。詳しくは、「アニメの中で掛かっているような歌(=アニソン)でありながら、かつての渋谷系のカテゴリーに入るべき、おしゃれなサウンドプロデュースが施された音楽」のことを指すらしい。今回ついに「アキシブ系」コンピレーションアルバム、「AKSB ~これがアキシブ系だ!~」が発売されるそうだ。

「AKSB ~これがアキシブ系だ!~」(Surely you’re joking, Mr... twisted!)
http://d.hatena.ne.jp/twisted/20070803/p1

そもそもアニソンの中でも、様々なアーティストの曲があるよね。例えば
・アニメに出演している声優が歌う曲
・アニメ主題歌を良く歌うアーティストの曲(新居昭乃、see-saw、Fiction Junction YUUKA、savage genius、angelaなど)
・普通のバンドがアニメのタイアップとして発表する曲
 (曲の内容がアニメとリンクしている場合と、そうでない場合がある)

などが思いつくけど、この「アキシブ系」はこれのどこにも属していない。いわゆるアニメ畑以外の人が作曲やプロデュースをしている曲が多いのかな?さらに、「アキシブ系」の中にもさらに細かいジャンル分けがあって、今回の選曲ではいわゆる「フューチャーポップ(ピコピコ系)」がほとんど入っていない。これはこれだけで、アルバム1枚作れそうだからなぁ・・・。結果残ったのは、渋好みながらマニア心をくすぐる、良曲ばかり。選曲の軸がブレてないのがすごいと思う。

特に、沖野俊太郎「Cloud Age Symphony」が収録されているのが素晴らしいと思った。今回は収録されなかったけど、「月詠」なら、エンディングの、marianne Amplifier feat. yuka「悲しい予感」も名曲。「厳窟王」のエンディング、Jean Jacques Burnel「You Won't See Me Coming」も入ってておかしくないかも?

2007/08/07(Tue)01:10:59




カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
「クルースン」について
素敵な30代になりますように。
リンク集
ブログ内検索
Amazon&楽天


ナタリー




忍者ブログ [PR]