忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
[] [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2016/08/30(Tue)18:00:59


3ヶ月連続企画「僕の体重&体脂肪率」の最終回。「体重計に乗るだけダイエット」は成功したのか・・・?


体重(2008年4月)


体脂肪率(2008年4月)

・・・えーと、結論から言うと、体重元に戻っちゃいましたー!!実は、4月は仕事がとても忙しかったので、プールに通えなかった。一瞬60kgを割った体重が、月の終わりごろには62kgに近づいている。というか、体重って1ヶ月でこんなに変わるもんなんだね・・・

体脂肪率のほうは、体重とはまた違う推移を見せているのが面白い。こちらはあまり増えていないのが救いか。

週平均での推移は以下のとおり。


体重(週平均) (2008年2~4月)


体脂肪率(週平均) (2008年2~4月)

体重は、3月にいったん落ちたものの、4月に元に戻ってしまったことがはっきり分かる。それと比べると、体脂肪率は着実に落ちている・・・ということでいいよね?

というわけで、「体重計に乗るだけダイエット」、僕の場合は「体脂肪だけ落ちました」という結果に!今後もとりあえず飽きるまでは毎日計測してみようと思うので、1年後とかをお楽しみに!
PR

2008/05/03(Sat)00:31:19


先月に引き続き、タニタの体組成計「BC-500」で計測し続けた、僕の体重と体脂肪率を公開するよ。3ヶ月連続企画の2回目です。


体重(2008年3月)


体脂肪率 (2008年3月)

グラフを見ると一目瞭然なんだけど、3月の後半で体重が落ちてるのだ。実はこのグラフ、2月の目盛りの取り方だと下のほうにはみ出てしまったので変更している(ソフト上で、目盛りの間隔を自由に変更することができる。便利!)。そして、数日間だけではあるものの、体重が60kgを割ってしまった。こんなの、たぶん大学生以来じゃないかな!

・・・と書いても、分かりにくいと思うので別のグラフを。このソフトでは週平均や月平均など別の尺度で表示させることも可能なのだ。


体重(週平均) (2008年2~3月)

2008年の2月頭から計測を始めたので、目盛りは「第5週」からスタート。そこから約2ヶ月間の週平均体重が上のグラフ。2月頭と比べると、1kg以上減っているのが分かると思う。

・・・というわけで「体重に乗るだけダイエット」、地味ながらちょっと効いてきたかも・・・!お金はものすごいかかっているが気にしない。次回更新は5月頭の予定。




※Amazonよりも価格.comのほうが多少安いかも

2008/04/01(Tue)22:44:54


先日購入したタニタの体重計「BC-500」はUSBメモリに体重・体脂肪率などの情報を記録することができるという優れもの。でもまぁ、毎日計測しないと意味がないよね・・・。

というわけで、毎日計測する動機付けのために、毎月1回体重と体脂肪率を公開することにした。とりあえず3ヶ月続けてみようかと。今回は2008年2月分のデータを公開。


体重(2008年2月)


体脂肪率 (2008年2月)

こうやって見ると、体重って上下2kgぐらいの幅でけっこう変わるもんだなぁ、と。毎日出来るだけ同じタイミングで計測しているはずなのに・・・。

しかも、1日で1kg単位の変動がちょくちょくあるのな。これだけ変わるのなら、毎日の体重を気にするよりは、1週間または1ヵ月後との平均体重を気にしたほうが良いのかも。BC-500に付属しているソフトは「週平均」「月平均」などでもデータを見ることができて便利だね。

あと、体重の多い日と体脂肪率の多い日は、ある程度は相関があるものの、完璧に一致するというわけではない。といっても、そもそもBC-500は足のみの接触で計測する方式なので、この体脂肪率が正確な値なのかどうかも微妙なところ(以前手で持つ体脂肪計で計測したら20%以上だった)。値自体というよりは、変化の度合いで判断したほうが良いのかもね。

2008/03/05(Wed)01:33:18




洗面所で歯みがきの時とかに使うコップって、普通に置いておけば当然水が溜まる。かといって逆さまにして置くのも、口に付ける部分が洗面台とかに接するので、何となく気持ちが悪い。また、コップを逆さまにした状態で、底面の中央部分を支えて置くタイプのホルダーがあるけれど、あれも濡れている部分にホルダーが触れるので、衛生的には微妙な気がする。

この「マグネットコップ」は、そういった問題を一挙解決!コップの底面にマグネットが入っているので、地面に対して垂直方向にコップを置くことができる。また、金属と吸盤が付いたベースも付属しているので、これを壁に貼れば良いわけだね。コップには傾斜が付けられており、コップの内側には水が溜まる心配がない。素晴らしい!

問題はベース部分が金属むき出しなので、ここに水分が付くと錆びそうなんだけど・・・。錆びにくい金属で作られているのを祈るばかり。

mog マグネットコップ
http://www.san-ei-web.co.jp/a3/mog/PW6810.html

2008/02/26(Tue)03:14:45




ポケモンやエヴァンゲリオン、ガンダムなど、アニメ作品を次々と切手にし続ける、切手「アニメ・ヒーロー・ヒロインシリーズ」の第7弾「日本昔ばなし」が2月22日(金)発売。

特殊切手 アニメ・ヒーロー・ヒロインシリーズ〈第7集〉「まんが日本昔ばなし」の発行(日本郵便)
http://www.post.japanpost.jp/kitte_hagaki/stamp/tokusyu/2007/h190222_t.html

セレクトされた昔話は、「花咲か爺さん」「かぐや姫」「かさじぞう」
「桃太郎」「鶴の恩返し」の5種類。きっちり王道を押さえているね。全体に懐かしい絵柄で、今見てもかわいらしくて良い。日本郵便はもっといろいろ特殊切手を発行して、バンバン儲ければいいんじゃないかなー。

3月に発売予定の、「日本天文学会創立100周年」切手も素敵なので、画像を貼っておこう。



特殊切手「日本天文学会創立100周年」の発行
http://www.post.japanpost.jp/kitte_hagaki/stamp/tokusyu/2007/h200321_t.html

2008/02/22(Fri)00:38:15




もはや皆さん忘れかけていると思うんだけど、このサイトのテーマは「素敵な30代になりますように。 」。このサイトの右カラム→にも書いてあったりする。

ところでやっぱりねー、30過ぎると体重が気になるわけですよ。もちろん体重だけでなく体脂肪率もね。しかしダイエットはおろか、体重を気にすることさえも面倒くさい!

・・・というわけで思い切って買ってしまったよ!もんのすごい高い体重計を!!今回紹介するのは、タニタの体重計「BC-500」。この体重計、何がすごいのかといえばただ1点、本体にUSBメモリが付属しているのだ。

BC-500 紹介ページ(タニタ)
http://www.tanita.co.jp/products/models/bc500_a.html

USBメモリに、計測した体重や体脂肪率などが記録され、そのUSBメモリをパソコンに挿すことで、その結果をグラフにして見ることが出来る。

こんなんで、どうして毎日体重を気にするようになるか不思議に思う方も思われるのかもしれない。けれど、これがまた面白いもので、毎日記録が残ると思えば、なるべくその記録を途切れさせずに続けたくなるんだよね。


僕の体重


僕の体脂肪率

※その他「筋肉量」「内臓脂肪レベル(指数)」「基礎代謝量」が測定可能

もちろん、特にダイエットなどをしていないので、日によって劇的に体重が変わるわけではないんだけど・・・。それでも、飲みに行った日には当然ながら体重は増えているし、おやつを食べるのを我慢した日にはちょっとだけ体重が少ない。こんな当たり前のことだけど、体重のことを1日1回でも気にかけるだけで、ほんの少しは意識が変わるんじゃないだろうか。

USBメモリに記録されるのは最大30日分なので、最低でも月に1度はパソコンに接続しなければならないのがネックといえばネックかも。

それと、実はもう世の中はもう一段階進んでいて、Bluetooth(無線通信)搭載の体重計で、携帯電話から結果を見ることができるサービスが実証実験の段階まで行ったそうだ。昨年の春から夏にかけて行われたらしい。しかしその後話を聞かないので、実用化に向けて何か問題があったのかもね。

携帯電話で健康管理──NTTデータが「クリエイティブヘルス携帯版」の実証実験
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0704/17/news121.html

2008/02/17(Sun)23:30:36



あの「ルービックキューブ」を考案したエルノール・ルービックが作ったパズル「ルービックマジック」が復刻!

ルービックマジック(メガハウス)
http://www.megahouse.co.jp/megatoy/products/rubiks/rubiks16.html

この「ルービックマジック」は、8枚の正方形の板がワイヤーでつながっているパズルで、パタパタと折りたたむことで、色々な形に変えることができる。このパズルの一番最初の目的は、板に描かれた3個の輪をつなげること。

オリジナルは、日本では1986年に発売されたそうだ。僕も持ってます(たぶん実家に現存する)。それと比べると、今回発売されるのは輪のデザインが違うようだ(輪の描きかたが立体的になっている)。

このパズル、実は正解の解法がものすごく簡単なので(慣れれば10秒かからない)、輪をつなげて離すというよりは、色々な形を作ることができるというのを狙って購入したほうがいいかも。今回のバージョンには、形を作る問題が30問封入されているそうだ。

2008/02/16(Sat)23:58:31




フルーチェには、家庭で作る定番のデザートのイメージがあるけれど、実はちょこちょこ新製品を出し続けているのだ。今回試してみたのは新製品の「ベジタブルフルーチェ」。その名の通り数種類の緑黄色野菜汁を使用。さらには食べやすくするために5種類の果汁とリンゴの果肉をプラス。

ただし、肝心の野菜に関しては成分表示を見る限りはニンジンとトマトしか確認することができなかった。パッケージにも書かれている野菜はこの2種類のみ。表の中に「その他」の記述があるので、別の野菜が含まれているかもしれない。

実際に作ってみると、鮮やかなオレンジ色が印象的。オレンジ色と言いつつ、これはニンジンやトマトによる色なんだろうね(着色料は不使用)。食べてみるとリンゴの果肉の感触が思ったよりも強くて、普通のフルーチェよりも食べ応えがあった。味のほうはまろやかではあるけれど、ちょっとだけ酸味が弱い気がする。今までに挙げた果物・野菜以外だと、バナナの味の主張が強いかな?

というわけで、野菜というよりはフルーツミックス味と言ったほうがよいかもしれない。さすがに野菜ジュースが苦手なぐらいの野菜嫌いの人はダメかもしれないけれど、「野菜生活」が飲める人ならたぶん大丈夫。

「ベジタブルフルーチェ」製品紹介ページ(ハウス食品)
http://housefoods.jp/new_products/index_0802_04.html

2008/02/15(Fri)01:42:28


「発売から10年経った曲は懐メロ」説を提唱してからはや数年。
今年もじわじわと「懐メロ」増えてるよ!

さて、1998年に発売され、今年中のどこかで
「懐メロ」になってしまう曲をリストアップしてみた。
この曲も、あの曲も、名曲ばかりだけど、
全部がもう一昔前の曲なのだ!!

---

1/14 CURIO「粉雪」
1/14 小松未歩「願い事ひとつだけ」
1/14 PENICILLIN「ロマンス」
1/14 SMAP「夜空ノムコウ」
1/14 tohko「BAD LUCK ON LOVE ~BLUES ON LIFE~」
1/21 カロゴンズ「カロゴンズのテーマ」
1/21 Kiroro「長い間」
2/5 奥田民生「さすらい」
2/11 Every Little Thing「Time goes by」
2/11 JUDY AND MARY「散歩道」
2/11 サザンオールスターズ「LOVE AFFAIR ~秘密のデート~」
2/18 SPEED「my graduation」
2/21 MISIA「つつみ込むように…」
3/14 Puffy「愛のしるし」
3/18 スピッツ「冷たい頬/謝々!」
3/21 Cocco「Raining」
4/1 川本真琴「桜」
4/8 B'z「さまよえる蒼い弾丸」
4/15 LUNA SEA「STORM」
4/22 ブラックビスケッツ「Timing」
4/29 GLAY「誘惑」
4/30 福山雅治「Heart/you」
5/13 the brilliant green「There will be love there -愛のある場所-」
5/13 hide with Spread Beaver「ピンクスパイダー」
5/13 広末涼子「summer sunset」
5/13 My Little Lover「DESTINY」
5/13 ウルフルズ「まかせなさい」
6/3 ゆず「夏色」
6/24 DA PUMP「Rhapsody in Blue」
6/24 T.M.Revolution「HOT LIMIT」
7/8 L'Arc~en~Ciel「HONEY」
7/22 ポケットビスケッツ「POWER」
7/23 MAX「Ride on time」
7/29 KinKi Kids「全部だきしめて/青の時代」
7/29 反町隆史「POISON ~言いたい事も言えないこんな世の中は~」
8/5 浜崎あゆみ「Trust」
9/2 globe「wanna Be A Dreammaker」
9/4 松たか子「stay with me」
9/9 モーニング娘。「抱いてHOLD ON ME!」
9/17 鈴木あみ「alone in my room」
9/17 野猿「叫び」
9/17 ZARD「運命のルーレット廻して」
10/21 Mr. Chilidren「終わりなき旅」
11/11 山崎まさよし「僕はここにいる」
11/18 スガシカオ「ぼくたちの日々」
11/26 SOPHIA「黒いブーツ ~oh my friend~」
11/27 広瀬香美「promise」
12/9 宇多田ヒカル「Automatic/time will tell」

---

1998年はJ-POP的にターニングポイントとなった年で、90年代の雰囲気を残したアーティストと、21世紀をまたいで売れ続けるアーティスト達とのせめぎ合いが面白い。この年には浜崎あゆみと宇多田ヒカルが相次いでデビューしたのが印象深いね。

2008/01/27(Sun)01:19:13


あ、書き忘れてた!というわけで、2007年に聴いたアルバムのベスト10のうち、次点の5枚を。





・riddim saunter「Think, Lad & Lass」
・monocism「初季」
・高野健一「Oh Yeah!」
・Tommy heavenly6「Heavy Starry Heavenly」
・snoweffect「invisible garden」

riddim saunterは、ブラスとバンドサウンドをメインにした、朗らかで陽気な曲が気持ちいいし、またネオアコ~ギターポップの曲もキャッチーなメロディで聴かせてくれる。曲がしっかりしていることって大事だね。monocismも美しいメロディとシューゲイザーサウンドとの融和が気持ちよい1枚。高野健一は全曲直球のポップスで、こういうことを照れなく表現できるのがすばらしいと思う。Tommy heavenly6は、色物に見られがちだけど実際聴いてみるときちんと作りこまれている一枚。職人技が光る。snoweffectは静寂の中に落とされる電子音が気持ち良い。前のアルバムに比べてさらに「攻め」の姿勢が見られるのが好感触。

2008/01/25(Fri)01:57:55




カレンダー
07 2016/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
「クルースン」について
素敵な30代になりますように。
リンク集
ブログ内検索
Amazon&楽天


ナタリー




忍者ブログ [PR]