忍者ブログ
[] [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/08/18(Fri)04:12:27




フルーチェには、家庭で作る定番のデザートのイメージがあるけれど、実はちょこちょこ新製品を出し続けているのだ。今回試してみたのは新製品の「ベジタブルフルーチェ」。その名の通り数種類の緑黄色野菜汁を使用。さらには食べやすくするために5種類の果汁とリンゴの果肉をプラス。

ただし、肝心の野菜に関しては成分表示を見る限りはニンジンとトマトしか確認することができなかった。パッケージにも書かれている野菜はこの2種類のみ。表の中に「その他」の記述があるので、別の野菜が含まれているかもしれない。

実際に作ってみると、鮮やかなオレンジ色が印象的。オレンジ色と言いつつ、これはニンジンやトマトによる色なんだろうね(着色料は不使用)。食べてみるとリンゴの果肉の感触が思ったよりも強くて、普通のフルーチェよりも食べ応えがあった。味のほうはまろやかではあるけれど、ちょっとだけ酸味が弱い気がする。今までに挙げた果物・野菜以外だと、バナナの味の主張が強いかな?

というわけで、野菜というよりはフルーツミックス味と言ったほうがよいかもしれない。さすがに野菜ジュースが苦手なぐらいの野菜嫌いの人はダメかもしれないけれど、「野菜生活」が飲める人ならたぶん大丈夫。

「ベジタブルフルーチェ」製品紹介ページ(ハウス食品)
http://housefoods.jp/new_products/index_0802_04.html
PR

2008/02/15(Fri)01:42:28




カルピス「ほっとレモン」は、コンビニの温かい飲み物が置いてある棚での定番商品となった。酸っぱすぎず甘すぎずという味のバランスが良いよね。

だがしかし、それでもやっぱり自分好みの味にしたい時だってある。あんなに小さなペットボトルの量では足りない時だってある。それで見つけたのが、この「ほっとレモン 希釈タイプ」。カルピスと同じように5倍に薄めて(原液1:お湯4)飲むのだ。紙パックで500ml入りなので、薄めた場合に換算すると2.5l!!

それでよくばって濃いめに作ってみたら、やっぱり甘すぎた!カルピスよりはちょっと調整が難しいかも(もちろん普通に作れば問題ないんだろうけど)。この「ほっとレモン」は同じ原液でアイスにも対応しているので、水割ってもよし、炭酸水で割ってもおいしいだろうね。もしかすると温かいお酒で割ってもイケるかも。今度試してみようかな・・・

「ほっとレモン 希釈タイプ」(カルピス)
http://www.calpis.co.jp/products/others/hotlemon_conc.html

姉妹品の「ほっと ゆず・かりん」もあるよ。

「ほっとゆず・かりん 希釈タイプ」(カルピス)
http://www.calpis.co.jp/products/others/hotyuzukarin.html

2007/12/20(Thu)10:47:53


先日杏仁豆腐チロルチョコのことを記事にしたところ、チロルチョコのブログ「チロルBOX」からトラックバックをいただいた。ブログを拝見していたら、なんと杏仁豆腐チロルチョコで実際に麻雀をしていた!

チロルチョコで麻雀をしました!(チロルBOX)
http://tirolbox.seesaa.net/article/52865377.html

杏仁豆腐チロルチョコのパッケージには、麻雀牌の絵柄が描かれているので、これを34種類×4個の計136個揃えればいいということになる。しかし箱買い中心だと、必要な数をそろえるためにはどうしても余計に購入しなければいけない。「チロルBOX」の方は4箱も買ってるね!

最初に心配だったのは、チョコって溶けないのかなぁというところだったんだけど、これはぜんぜん問題なかったっぽいね。チロルチョコと麻雀牌では形が違うので、さすがに苦労された模様。麻雀の役は七対子(二盃口)が多かったようだね(これはチロルとは関係ないか)。

とにかく素晴らしいので、ぜひチロルは来年も麻雀牌全種類のパッケージで発売してほしいね!

2007/10/02(Tue)00:28:48




現在、「明治ミルクチョコレート」テレビCMの場面を、そのままチョコレートにした「CMアソート」が発売中。

“食べられるCM”登場!ミルクチョコレートのTVCMがチョコレートのレリーフになりました「ミルクチョコレート<CMレリーフ>」新発売(明治製菓)
http://www.meiji.co.jp/corp/news/2007/0829.html

このCMは、何もかもチョコレートで出来た世界を香取慎吾が旅するという、ファンタジー色の強いもの。確か、去年も放送されていたような?製品には、CMで登場したチョコで出来た魚や車、ロケットなどが、そのまま刻まれているのが面白いね。絵柄は全14種類。絵柄は下記ページで見ることができる。

「明治チョコレート CMレリーフ」(明治製菓)
http://www.meiji.co.jp/sweets/chocolate/mchoco/relief/relief.html

今回のチョコは小さいサイズなのが残念といえば残念かも。ノーマルのサイズのものにこのレリーフ加工がされていたら、がかなり面白いものになっただろう。それはそれで、ちょっと食べにくそうだけど!

2007/09/14(Fri)00:11:43





この間、吉祥寺で「プリンジャム」を発見!以前から名前だけは聞いたことがあったんだけど、どこで売ってるかを知らなかったのだ。もともとは軽井沢のお店で、都内でも数店舗展開しているらしい。というわけでさっそく買ってみたよ。「ビター」と「スウィート」「マンゴー」の3種類があって、今回は「スウィート」をセレクト。

セルフィユ 店舗情報
http://www.cerfeuil.jp/shop/index.html

この「プリンジャム」見た目もプリンを完全再現。すごいね。食べるときは、プリンとカラメルの部分をうまく混ぜて食べると良いと思う。そして、原材料がプリンとほぼ同じだそう。確かに一口食べてみると口の中にプリンの味が広がる!バニラビーンズの粒々が効いてるね。でも、うーん、ちょっと甘すぎるかも・・・。当然「スウィート」なので甘いのは分かってたんだけど。さらに、ジャムの下にカラメルの部分があって、そこを絡めて食べるとさらに甘さが・・・!

味自体はおいしいので、今度は「ビター」のほうを買ってみようかな。

2007/09/10(Mon)01:34:19


チロルのチョコ箱買いといえば、冬季限定発売の「きなこもち」。しかし最近はそれ以外のチョコでも箱でガンガン売っているので、思わず買ってしまうのだった・・・。

そしてこの夏の新作は「杏仁豆腐チョコ」。昨年のものより味がリニューアル!黄桃ゼリーが中に入っているそう。

チロルチョコ 新作情報(松尾製菓)
http://www.tirol-choco.com/info.html

食べてみると、黄桃の薄い酸味が杏仁豆腐の味を引き締めていて、確かに良いバランス。夏向けのさっぱり味のチョコだね。

さて、このチョコのパッケージには、マージャン牌をかわいらしくデザインした模様が描かれている。昨年は8種類しかなかったそうだけど、今年は全34種類にグレードアップ!

なぜ34種類なのかというと、萬子(マンズ/漢数字)・筒子(ピンズ/丸)・索子(ソーズ/竹)がそれぞれ1~9まで存在して、合計で27枚。さらに字牌が「東西南北白發中」の7種類で、これらを合わせて34枚。実際に普通の麻雀で使われる牌は、すべてそろっていることになる。素晴らしい・・・!「白」のデザインは本当に真っ白。これ単体だと、なかなか不可思議なデザインに見えるね。

もちろん、このチョコで本当に麻雀をしようとすると、各牌を4個ずつ、計136個もそろえなければいけないんで、ちょっと大変かも?

2007/08/24(Fri)01:49:43





日清焼きそばU.F.Oの新製品、「日清焼そばU.F.O NEXT GENERATION」。電子レンジで作るカップ焼きそば、ということで気になっていた。ただ、これが現在中部&近畿限定発売・・・。残念ながら、関東在住の僕は今のところまだ食べられず。ちょっと前だけど、GIGAZINEでレビューが掲載されていたのでリンクを。

レンジで作る湯切り不要なカップ焼きそば「U.F.O. NEXT GENERATION」新発売(GIGAZINE)

上記記事によると、水の計量がちょっと大変そう。さらにレンジで6分ということで、お湯で作る(オリジナルの)U.F.Oよりも時間が掛かるっぽい。さらに出来上がりは麺の一部が硬いまま。他のブログの感想も見たけれど、これはうまく作るのはなかなか難しいかなぁ・・・と。

なぜこうなっちゃうのかというと、おそらく麺に水を注ぐときに、麺の一部に水がひたっていない。電子レンジは水の分子を振動させて熱を発生させるので、水に濡れている部分と濡れていない部分があれば、当然ながら出来上がりに差が出てくるはず。

これ、たぶん容器の作り方に問題があるんじゃないかな。中皿の上から水を入れても、中皿の底に開いた穴から水が麺に完全に行き渡るとは思えないんだよね。ちゃんとできた部分の麺はおいしいらしいので、今後の改良に期待!

さて、同じ日清の焼きそばで、電子レンジで調理する「Chin」が発売されている(関東限定発売)。こっちは水を入れる必要がないのでとても楽だ!もちろん仕上がりは失敗することもない。なぜこのような違いが生じるのかというと、「Chin」のほうの麺は生麺なのだ。元から湿っているので、当然ながら電子レンジでも均等に加熱されるよね。

U.F.Oが乾燥麺にこだわるのは、商品のコストが下げられるのと、保存期間が長くなるためじゃないかな?といっても、U.F.OとChinは40円しか変わらないけど・・・。

日清焼そばU.F.O NEXT GENERATION ミックス焼そば(日清食品)
http://www.nissinfoods.co.jp/product/p_1151.html

日清Chin ソース焼そば(同)
http://www.nissinfoods.co.jp/product/p_1111.html

「Chin」のほうは、キャベツが入っていないのが惜しい!

2007/07/29(Sun)01:08:02


数年前、伝説の「おでんポテト」で世間を震撼させたファーストキッチン。その後も次々と斬新なメニューを世に送り出し続けているね。そして今回目に止まったのが、夏季限定メニューの「オムスパダブルバーガー」。

オムスパダブルバーガー(ファーストキッチン)
http://www.first-kitchen.co.jp/menu/hamburger/detail15.html

パンに挟まれるスパゲッティはナポリタンで、当然ながらピーマンやウィンナーが入り、ケチャップ味が付いている。このスパゲッティを卵で包んだ「オムスパ」に、ハヤシソースとトマトソース(ポモドーロ)の2種類のソース、そしてお肉は2枚・・・と恐ろしいほど多くの味が合わさっている。

最初「佐世保バーガー」みたいな味になるのかなぁ、と思ってたんだけど、実際はもっとカオティックな味になりそう。もはや「炭水化物の中に炭水化物が挟まれている」こととか、どうでも良くなってきた・・・。気になるので近日中に食べてくるよ!

ちなみに「オムスパダブルバーガー」カロリーは540kcalと、思ったよりも低め。でもそもそも「メガマック」の754kcal、「メガてりやき」の903kcalを基準に考えるのが間違ってるよね!



2007/07/22(Sun)00:24:03




カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
「クルースン」について
素敵な30代になりますように。
リンク集
ブログ内検索
Amazon&楽天


ナタリー




忍者ブログ [PR]