忍者ブログ
[] [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/11/23(Thu)09:09:31





数年前に復刻した「SPACEWARP」は、結局手を出せずじまいだった。なぜかというと、部屋に置くスペースがなかった・・・から・・・。この新製品「SPACEWARP desktop」ならスペースの問題を一挙解決!

SPACEWARP desktop紹介ページ(asovision)
http://www.asovision.com/spacewarp/index.html

本体の大きさは、幅30.8cm×高さ23.2cm×奥行き15cmということで、これなら何とか場所を確保できそう!そして「SPACEWARP desktop」は組み立て簡単、さらにボールが蓄光色なので、暗闇で光るらしい。さらにエレベータの入り口にはLEDブラックライトが設置されていて、電池の続く限りはボールは光り放題・・・!

「SPACEWARP desktop」詳細(たのみこむ)
http://www.tanomi.com/spacewarp/index_d.html

レールがプラスティック製なので、本家に比べるとさすがに柔軟なコース作りは出来ないのだけど、考えすぎずまったりと遊ぶにはこのくらいがちょうど良いのかもね。発売は11月下旬だそう。
PR

2007/10/05(Fri)01:31:47





今まで使っていた座椅子の座面がヘタれて、金属のフレームが体に当たるようになってしまった。座布団などを敷いて、だましだまし使い続けるも、もう限界。まぁ、丸6年使ったからもういいかな?
・・・というわけで、新しい座椅子を探していたところ、無印良品の「フロアソファ」を発見。店頭で座ってみて気持ちよかったので、これに決めた!座椅子にしては値段がかなり高かったけどね・・・。

この「フロアソファ」は、まさに「デラックス座椅子」と呼ぶべき一品。
まず特筆すべきはその大きさ。背もたれを完全に倒してフラットな状態にすると、長さが140cmもある!このまま寝っ転がるとさすがに足が出るけど、本を読むぐらいならできる。小柄な人ならうたた寝できるかもね。
普通に座椅子として使う場合、大柄な僕の場合でも、頭のところまで背もたれが来るのがうれしい。ただ、かなり高さがあるので、部屋に置くとかなりの存在感があるね。部屋が狭い場合は注意。

また、リクライニング機能が2ヶ所に付いているのも面白い。腰の部分の角度だけでなく、頭の部分も調節できるのだ。先述の、寝ながら本を読む場合は、腰のリクライニングを全部倒してフラットにし、頭の部分だけ曲げて枕代わりにも使える。

実際に使ってみた感想は、座り心地は文句なし。座面が厚いので、数年はヘタりを心配する必要がなさそう。僕の部屋が狭いので、フラットにしては使わないけど・・・。あと、座椅子部分の下に木が敷かれていて、座椅子の部分に約20cmの高さが生まれている。これがけっこう効いていて、座椅子の外側に足を下ろしたときにちょうど疲れない角度で足を伸ばすことができる。

今のところあまり不満はないんだけど、やっぱり最大のネックとなるのは値段だと思う。本体はともかく、カバーが約5千円というのは高いなぁ・・・。最近の無印はモデルチェンジの間隔がとても速いので、少し前のモデル用の備品などが手に入りづらいんだよね。洗濯用に予備のカバーをもう1枚買っといたほうがいいのかな。

フロアソファ (無印良品)
http://www.muji.net/store/pc/user/campaign/campaign070409_02.jsp

2007/08/03(Fri)02:22:46




カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
「クルースン」について
素敵な30代になりますように。
リンク集
ブログ内検索
Amazon&楽天


ナタリー




忍者ブログ [PR]