忍者ブログ
[30] [29] [28] [27] [26] [25] [24] [23] [22] [21] [20]
[] [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/10/20(Fri)05:09:03


えっと、「アキシブ系」というジャンルがあるそうで、「秋葉系」と「渋谷系」が合体した言葉なんだそうだ。詳しくは、「アニメの中で掛かっているような歌(=アニソン)でありながら、かつての渋谷系のカテゴリーに入るべき、おしゃれなサウンドプロデュースが施された音楽」のことを指すらしい。今回ついに「アキシブ系」コンピレーションアルバム、「AKSB ~これがアキシブ系だ!~」が発売されるそうだ。

「AKSB ~これがアキシブ系だ!~」(Surely you’re joking, Mr... twisted!)
http://d.hatena.ne.jp/twisted/20070803/p1

そもそもアニソンの中でも、様々なアーティストの曲があるよね。例えば
・アニメに出演している声優が歌う曲
・アニメ主題歌を良く歌うアーティストの曲(新居昭乃、see-saw、Fiction Junction YUUKA、savage genius、angelaなど)
・普通のバンドがアニメのタイアップとして発表する曲
 (曲の内容がアニメとリンクしている場合と、そうでない場合がある)

などが思いつくけど、この「アキシブ系」はこれのどこにも属していない。いわゆるアニメ畑以外の人が作曲やプロデュースをしている曲が多いのかな?さらに、「アキシブ系」の中にもさらに細かいジャンル分けがあって、今回の選曲ではいわゆる「フューチャーポップ(ピコピコ系)」がほとんど入っていない。これはこれだけで、アルバム1枚作れそうだからなぁ・・・。結果残ったのは、渋好みながらマニア心をくすぐる、良曲ばかり。選曲の軸がブレてないのがすごいと思う。

特に、沖野俊太郎「Cloud Age Symphony」が収録されているのが素晴らしいと思った。今回は収録されなかったけど、「月詠」なら、エンディングの、marianne Amplifier feat. yuka「悲しい予感」も名曲。「厳窟王」のエンディング、Jean Jacques Burnel「You Won't See Me Coming」も入ってておかしくないかも?
PR

2007/08/07(Tue)01:10:59


この記事にコメントを書く
name
color
mail
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
Trackback URL:


カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
「クルースン」について
素敵な30代になりますように。
リンク集
ブログ内検索
Amazon&楽天


ナタリー




忍者ブログ [PR]