忍者ブログ
[1] [2] [3]
[] [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/08/18(Fri)04:14:22


先日、タワーレコードのポイントカードのシステムが変更された。その記事を書いたときに軽く触れたが、同時に「6,000円以上購入でWポイントサービス」が終了してしまったのだ。25,000円購入で3,000円分戻ってくるという、大変ありがたいシステムだったんだけどね。

タワレコの新ポイントサービスについては以前書いた記事をどうぞ。

タワーレコードのポイントカード、還元率ダウン(クルースン)
http://crt.blog.shinobi.jp/Entry/10/

さて、無くなってしまったWポイントの代わりとして「タワーレコード +200ポイントサービス」が、17店舗限定で9月1日(土)よりスタート。

¥6,000以上のお買い上げで+200ポイントサービス(タワーレコード)
http://sale.towerrecords.jp/200pt/index.html

新しいポイントサービス上で、6,000円(税込)購入ごとに、ボーナスポイントが200ポイント(以下、pt)が付く。これはいつもの「1,000pt貯まるごとに、レギュラーボーナスポイント200ptが付く」のと同時に付くそうだ。

ただしポイントが付くのにはいくつか条件がある。以前の「6,000円以上購入でWポイント」のときと同じく、このポイントが付く対象店舗が限られているので注意。新宿店、渋谷店などの大きな店舗なら対象になっているね。そして、「同日、同一店舗での購入のみが対象」というのも変わらず。

さて、気になるのは、「旧ポイントサービスに比べてどのくらい還元率が下がったのか」ということだよね!今回は図とか使わずに計算しようと思う。

まず旧ポイントサービスでは、前述のように

25,000円(税込)購入→
[旧]100pt
3,000円分還元

だった。これが、新ポイントサービスで同額の25,000円を購入すると

25,000円(税込)購入→
[新]1000pt+[6,000円以上購入ボーナス×4回]800pt+[1,000pt貯まったのでレギュラーボーナスが付く]200pt(=計2,000pt)→
2,000円分還元

となる。ここで注意すべきなのは「6,000円以上購入ボーナス」のほうで発生したポイントが、レギュラーボーナス(1,000pt貯まると200pt付く)の計算に入る、ということ。これ、すごくややこしいよね・・・。

結局25,000円(税込)購入した際の還元額が、旧ポイントサービスに比べると1,000円減。割合にすると3分の2になったということだね。還元額が減ったのはもちろん、ポイント計算が直感的に分かりにくくなった(つまりは「お得感」が見えづらくなった)のは、かなりの痛手だと思うよ。
PR

2007/08/26(Sun)23:53:54





フレンチボッサの男女ユニット、La bossaがめでたくメジャーデビュー!8月22日(水)に、1stアルバム「samba saravah」が発売。

la bossa「samba saravah」紹介ページ(ドリーミュージック)
http://www.dreamusic.co.jp/release/others/index.php?did=MUCD-1170

la bossaがインディーズ時代に出した「September」というミニアルバムを持っていて、これが素晴らしかった。清涼感と軽やかさを併せ持つヴォーカルと、素朴ながら心弾ませるサウンド。アースウィンド&ファイヤーの「September」や、ダフトパンクの「One More Time」のボサノバアレンジに加え、オリジナル曲の「La Mer En Septembre」が収録されていた。

このCDを手に入れた当時、もっと情報が欲しくてオフィシャルサイトを探すも、まったく見つからず。もちろん、他にCDが発売されているかどうかすら分からない・・・という状態だったので(なにせ「la bossa」という名前が検索しづらい)、このアルバム発売はうれしいなぁ。



2007/08/11(Sat)00:46:20





楽器「アンデス25」が復刻されることが、栗コーダーカルテットのオフィシャルサイトにて発表!この「アンデス25」とはどんな楽器なのかというと、一番近い例えは「鍵盤リコーダー」。息を吹き込みながら鍵盤を触れば音が出る。もちろん和音もOK(その分息を使いそうだけど)。リコーダーって、指使いを覚えるのが大変だけど、こちらは鍵盤だからかなり楽だよね。
もともとは教育用として開発された楽器らしいけど、構造上の理由で幼児には安定した音程を出すのが難しかったらしい。当然ながらピアニカに勝てなくて数年で消えてしまったんだそう。しかし。この音程の不安定さを含めた音色がとても愛らしい!小川文明さんのブログに音色がアップされているので聴いてみよう。

名前はアンデス(小川文明日記)
※記事内リンクの、「andes25F.mp3(2007年7月7日)」
http://blog.so-net.ne.jp/bunmei/2007-07-07

今回の復刻版は、品番が変わって「andes 25F」となるそう。8月3日(金)より、栗コーダーカルテットのオフィシャルサイトにて、通販を行うそうだ。14,000円(税・送料込)と、ちょっと高いけど買っちゃうかもな・・・代々木公園とかでひとりプカプカ吹いてもいいかもな・・・

アンデス25F 通販ページ(栗コーダーカルテットオフィシャルサイト)
http://www.kuricorder.com/order3/

2007/08/02(Thu)01:07:13





「今週の1曲」、今回は、京都在住の男性アーティスト、ogurusu norihideのニューアルバム「superstar」より、「ムーンリバー」を。ギターの弾き語りによる涼しげなカバー曲。夏の夜にアイス食べながら、ゴロ寝して聴くのもいいかもね。

ogurusu norihide「moon river」(iTunes Store)


ogurusu norihide オフィシャルサイト
http://www.boreas.dti.ne.jp/~ogurusu/

2007/08/02(Thu)00:44:00




韓国のフォークトロニカ(フォーキー+エレクトロニカ)な男性ひとりユニット、oldfish。昨年日本で発売されたアルバム「room.ing」は、電子音の持つクールさと、キャッチーなメロディー、そして全体を包む穏やかで温かいサウンドが不思議なバランスで溶け合う作品だった。

日本で7月25日(水)に発売されたニューアルバム「Acoustic Movement」でも、引き続きその独特の持ち味が生かされているようだ。All aboutにインタビューがアップされているのでリンク!

日本語もあり!韓流トロニカ~oldfish(All about テクノポップ)
http://allabout.co.jp/entertainment/technopop/closeup/CU20070723A/index.htm

そもそもoldfishを聴く前は、韓国でこういったジャンルのアーティストが活躍していることすら知らなかった。しかも、このインタビューによると、ニューアルバムは韓国FM番組のインディーチャートで1位をゲットしたんだそう!

日本での発売元のサイトで、「Acoustic Movement」を試聴できるよ。

oldfish「Acoustic Movement」紹介ページ(MIK records)
http://m-i-k.org/mikrecords/oldfish/acoustic.html

アルバム収録曲のうち、「青春ロマンス(日韓語バージョン)」と、「トゥトゥトゥ(日本語バージョン) 」はiTunes Storeにも来ている。


さらに、8月25日(土)には代官山にある「晴れたら空に豆まいて」という面白い名前のライブハウスにて演奏(速攻でチケット予約した!)。翌8月26日(日)には、渋谷アップルストアでインストアライブを行うそう。

晴れたら空に豆まいて オフィシャルサイト
※サイト内からチケット予約が可能
http://www.mameromantic.com/



2007/07/27(Fri)00:44:38


さて「今週の1曲」、今回はリア・ディゾンを。正直なところビジュアル戦略的には来日前のほうが好きだ!でも、歌のほうは真っ当なガールポップで、安心して聴けると思う。今回取り上げる「恋しよう♪~yasutaka nakata-capsule mix~」は、彼女の2ndシングル「恋しよう♪」を、capsuleの中田ヤスタカがリミックスしたもの。7月25日(水)より各サイトにて配信がスタートした。

★リア・ディゾン「恋しよう♪~yasutaka nakata-capsule mix~」 試聴 (iTunes Store)


このリミックスは、ボーカルと原曲のキャッチーなメロディーは生かしつつ、低音部分を強調、さらには音が全体に薄くなっている。これは90年代中盤の小室哲哉サウンドさえ想起させるが、サウンドバランスや音の歪ませ具合がそれとは全然違っていて、やっぱりこれは21世紀の音なんだなぁ、と感心させられるね。リア・ディゾンは8月8日にニューシングルが発売されるそう。


2007/07/26(Thu)01:30:09


過去2回にわたって、タワーレコードとHMVポイントカードの変更点について記事にしてきた。

過去記事:タワーレコードのポイントカード、還元率ダウン (クルースン)
http://crt.blog.shinobi.jp/Entry/10/

過去記事:HMVのポイントカード、ゴールドへのノルマがアップ (同)
http://crt.blog.shinobi.jp/Entry/13/

これらの記事では、主に改悪だと思われるポイントにスポットを当てていたが、もちろん改善となった部分もある。特にヘビーユーザー以外には、新ポイントカードの有効期限が延びたことは、大きなメリットになるだろう。

今回は具体的な例を出してみる。2007年の8月1日に最初に商品を購入してカードを発行してもらい、その後12月1日と、2008年の6月1日の計3回購入した場合を考える。



旧ポイントカード(タワレコ、HMV共)のポイント有効期限は、「カード発行日より1年間」(正確には翌年同日の1日前まで)。この場合だと、2007年8月1日にカードが発行されたので、それ以降に発生したポイントを含めたすべてのポイントの有効期限が、1年後の2008年7月31日となる。この場合、3回目のポイントが有効だった期限は6月1日~7月31日の、たった2ヶ月間だけだったことになるね。

カードの有効期限が切れる直前だと、古いカードにポイントを貯めてもらうよりは、新たにカードを発行してもらったほうが、長い目で見たらお得かも・・・ということがあった。どちらにしても、ポイントを有効に使い切るのが難しい状態だったね。

その点、新ポイントカードはタワレコ、HMV共にかなり使いやすくなっている。

まずはタワレコから。新しいポイントの有効期限は、「最終購入日より1年間」となった。つまり、購入間隔を1年以上開けずにちょくちょく買い物を続ければ、ポイントが無くなることはない。これはヨドバシカメラやビックカメラなどと同じ方式。

一方HMV新ポイントカードの場合は、「各ポイント発生からそれぞれ1年間」となっている。今回の例だと、2007年8月1日に購入した際のポイントは、1年後の2008年7月31日まで有効。12月1日のポイントはこちらも1年後の2008年11月31日まで。2008年6月1日の分は、2009年5月31日まで有効となるね。HMVの場合も、最終購入日から1年何も購入しなければ、実質すべてのポイントが消えることになる。

HMVの場合は、各ポイントの有効期限を把握しておかなければいけないので、ちょっと大変かなぁ・・・。ただし、オンラインでいつでも現在の登録ポイントを見ることができるので、これはこれで便利なのかも。

2007/07/24(Tue)22:47:34


先日「タワーレコードのポイントカード、還元率ダウン」を書いたときに、HMVのほうも調べたら、こちらは6月1日付けで新ポイントサービスがスタートしていた!

新・メンバーズカード 誕生!(HMV)
http://www.hmv.co.jp/news/article/705210045

僕はタワレコ派なのでまったく気づいていなかった・・・。HMVってけっこうポイントサービスのシステム、変わるよね。特に、今回大幅に変更されているので注意!以下、列記すると、

・店舗とネット販売(モバイル含む)のポイントが共通化
・ネット販売のポイントと共通化するためには、名前などの登録が必要
・カードの有効期限が、各ポイント取得のそれぞれ1年後に変更
・50ポイント(以下「pt」)→1,000円分の商品と交換可能、
 100pt→2,500円分の商品と交換可能・・・の2種類のみ選択可、に変更
・ゴールドカード取得の条件が「新ポイントカード発行日から、
 店舗での年間購入額が10万円以上(税込)」に変更

・・・となっている。

まずは、リアルの店舗とオンラインストアでのポイント合算がうれしいね!ちなみに「500円で1pt」というのも共通(オンラインストアではWポイントの商品が比較的多いようだ)。ただし、音源のダウンロード販売ではポイントが付かない。



ポイントが貯まったあと、商品を交換する際には、50pt(→1,000円分の商品と交換)または100pt(→2,500円分の商品と交換)を選ぶことができる。ここで注意したいのは、以前のポイントカードでは、「50pt貯めた時点で1,000円、さらに50pt貯めて1,500円の割引」という方法が可能だった。しかし今回はバラバラに交換すると「50pt×2回分」の計算になるので、結局計2,000円分の商品としか交換できなくなってしまう。つまりは500円の損。「ポイントを商品交換するときは、常に100ptまとめてがお得」だね。

そして庶民の夢、ゴールドカード取得の条件が一気に厳しくなった。



新ゴールドカード取得の条件は「旧ゴールドカードの人」もしくは 「新ポイントカード発行後、店舗での年間購入額が年間10万円以上(税込)になる」というもの。ここで注意すべきは、ネット販売と旧カードでの購入金額はどちらも一切考慮されないということ(もちろんポイントは引き継がれる)。例えば旧ポイントカードでシルバーだった人は、期間ギリギリまで旧カードのまま粘ってゴールドにして、そのあとに新カードに移行したほうが得、ということになるね。

参考資料:HMVメンバーズカード(裸足の歌姫)
http://playlog.jp/soundwish/blog/2007-06-24

それにしても「1年間で店舗での購入金額10万円以上」というのはとても厳しい条件になってしまった。旧ポイントカードではWポイントを狙っていけば、最低25,000円で100ptを貯めることができる。これでシルバーカードをゲット。さらにシルバーカードで100pt(同じくWポイントを使えば最低25,000円で到達)貯めれば、ゴールドカードをゲットできる。つまりは最低50,000円分の購入で良かった。しかし新カードでは、貯めたポイント数に関係なく、店舗での購入金額のみが考慮されるのだ。

(追記:ゴールドカードへ考慮される購入期間の区切りは、「1年目は新カード発行日から1年間、2年目は発行日を基準に1年間」となるそう。1年間の中ならどの期間でも良いというわけではないので注意)

さらに、旧ポイントカードではシルバーカードに変更した際に新たにカードを発行するので、その新しいカードのほうの発行日から1年以内に100ptを貯めれば良い。結局カードの有効期限は1枚目(通常→シルバー)で1年、2枚目(シルバー→ゴールド)で1年なので、最大2年掛けても大丈夫。これに対して新カードだと1年でこなさなければいけない。

ただし今回は、購入金額の「端数」を考えると有利になる要素がある。例えば、2,900円の商品を買った際にはポイント5pt(2,500円分)が付いて、残りの端数400円分は切り捨てられる。ポイント集計では切り捨てられるこの400円が、購入金額ベースではちゃんと拾われる(はず)。おそらく貯めたポイントと購入金額が別々に記録されるんだろうな・・・。

・・・というわけで、今回の仕様変更ではヘビーユーザーにはちょっとキツくなってしまったね。やっぱり色々厳しいのかな・・・。



2007/07/22(Sun)17:03:34


タワーレコードのポイントカードが、7月24日(火)から新しいシステムに変更されるんだそうだ。

7/24 タワーレコード 新ポイントカード誕生!(タワーレコード)
http://sale.towerrecords.jp/newpoint/2.html

新しいカードは、今までのようにポイントが♪の数で示されるのではなく、貯めているポイントの数字が印刷される。その他の主な特徴は

・カードの有効期限は、最終ポイント取得日より1年間
・500円購入ごとに20ポイント(以下「pt」)取得
・1,000ptで、1,000円の商品と交換
・1,000ptごとにボーナスポイント200pt取得

というもの。旧カードでは、カードの有効期限は「発行日から1年間」だったので、新カードでは1年置かずにちょくちょく買い物をし続ければ、ずっとカードは期限切れにならないということになる。

ただ残念ながら、残りの要素は旧カードに比べると改悪となってしまった。具体例は以下の表の通り。この表では旧カードと新カードで商品を買ったときの、それぞれの累積ポイントを示してある。


※画像クリックで拡大

旧カードだと、20,000円購入したときには40ptゲットできて、ここで1,000円分の商品と交換することができる。しかしここで我慢してカードを満杯(100pt)にしたほうがお得。50,000円購入(100pt)すると、3,000円分の商品と交換できる。

一方新カードでは、「ポイントは1,000ptごとにしか商品と交換できない」という縛りがあるため、20,000円購入時(800pt)では、まだまったく交換ができない。初めてできるのが25,000円購入時(1,000pt)。新カードでは、1,000pt貯めるたびにボーナスポイント200ptがもらえるので、2,000ptを貯めるためには、この時点からあと800pt貯めればよい。実際には45,000円購入したら1,800pt+ボーナスポイント200ptで、2,000円分の商品と交換が可能だ。

50,000円購入した際には、2000ptと、ボーナスポイントが400pt。しかしこの400ptはこの時点では商品交換不可能なのだ。(ボーナスポイントには二重にボーナスポイントは付かない前提で計算)

・・・とややこしいことを書いたが、表の一番下を見比べてもらえれば一目瞭然で、5万円分購入した際に、旧カードだと3,000円分ゲットできるのに、新カードだと2,400円分しか手に入らない上に、そのうち400円は強制的に繰り越し、ということになってしまう。新カードだと、単純に旧カードと比べて還元金額が2割減少、強制繰り越しを考えると3割以上の減少になるね。

実は、最近タワーレコードでよく行われていた、「6,000円以上購入するとWポイント」セールも、7月23日(火)で終了するんだそう。これで買い物をすれば25,000円購入で3,000円分戻ってきて、とてもお得だったんだけどな・・・。(これについてはまたの復活を期待しよう)

¥6,000以上購入で W-ポイントサービス!!(同)
http://sale.towerrecords.jp/6000W901/index.html

確かにポイントの件は残念だけど、CD売れてないからしょうがないかも・・・と思わないでもないし、相変わらずタワレコ大好きなんで、これからもがんばってほしいなぁ。

さてライバルのHMV、知らなかったんだけど6月頭よりまたポイントのシステムが変更されたらしい。こっちはこっちでアレな感じなので、次回以降に・・・。


2007/07/20(Fri)23:15:39


spaghetti vabune!などが所属するbluebadge labelの夏祭り、「guitar pop crazy summer! vol.2」が、8月4日(土)渋谷O-nestで開催。

▼08/04 guitar pop crazy summer! vol.2 (bluebadge blog)
http://blog.bluebadgelabel.com/2007/07/_0804_guitar_pop_crazy_summer.html

出演アーティストは「spaghetti vabune!」「EeL」「the Caraway」他、とのこと。 そして、出演者の欄に「DJ」の他に「DJ LIVE」というカテゴリーあるのが気になる!DJ LIVEでは、capsule中田ヤスタカとPlus-Tech Squeeze Boxハヤシベトモノリがプロデュースしたmarinoが登場。

ブルーバッヂレーベルの夏祭りは毎年楽しいので、遊びに行ってるよ。ロックインジャパンフェスに行かない方はぜひ。むしろギターポップ的には、こちらのほうが本気でフェスティバルだ!



2007/07/18(Wed)23:15:46




カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
「クルースン」について
素敵な30代になりますように。
リンク集
ブログ内検索
Amazon&楽天


ナタリー




忍者ブログ [PR]